スクールライフノート

学びのスタイルが進化するスクールライフノート



スクールライフノートは、子どもたちが毎日、簡単な操作で学校生活のさまざまなことを記録し、「気づき」を可視化することができるシステムです。

子どもたちは、振り返りにより、自分を客観視して、コントロールできるようになる力(非認知スキル)を向上させ、「学びに向かう力」を育みます。

先生方は、子どもたちが記録した、「気持ち」の変化や揺れをクラスで俯瞰したり、個人の記録をクローズアップして確認することで、適切なタイミングでの「声掛け」や「支援」ができるようになります。さらに、先生自身の授業の振り返りに利用することで、授業力向上の一助となります。



活用イメージ




製品カタログを見る     資料を請求する








心の天気/学びの天気



子どもたち自身が、タップ操作で、その日そのときの「気持ち」を天気に例えて記録。
毎日の記録を通じて心のようすを可視化します。


心の天気(登録)
心の天気(振り返り)
グループログイン




学習ノート/生活ノート



子どもたち自らが、授業や係活動・委員会活動・部活動といった活動の気持ちや自己評価・ひとことコメント(授業のまとめや振り返りなど)を記録・蓄積することで、可視化された気持ちの変化を自ら振り返ることができます。
振り返ることで自身の成長に気づき、さらなる成長につながります。




学習ノート/生活ノート
みんなの振り返り






共有ボード



教室や玄関に設置した大型ディスプレイ等を利用したデジタルサイネージを子どもたち自身で運営し、クラスや委員会、部活動などのようすを発信することができます。
子どもたち自身が、他の子どもたちに向けて情報発信することで表現力が向上し、互いの活動を認め合い、他者を理解する力が高まります。


共有ボード






学校生活ウォッチャー



先生は、子どもたちが記録した、学校生活での「気持ち」や「気づき」をさまざまな角度から確認することで、適切なタイミングでの「声掛け」や「支援」ができるようになります。
また、子どもたちの記録を、先生自身の授業の振り返りに利用することで、授業力向上の一助となります。


学校生活ウォッチャー




 

実践例1実践例

活用事例更新中
 
   
18 個別最適化学習アプリ導入に際して考えるべきこと(玉置) 記事画像1 【授業と学び研究所】 GIGAスクール構想に伴い、個別最適化学習が話題になっています。  個別最適化学習アプリを導入する際に...  [2020年7月13日up!]
17 大阪市教育委員会次世代学校支援事業の成果(玉置) 記事画像1 【授業と学び研究所】 大阪市教育委員会が、3年間にわたって実証研究してきた「次世代学校支援事業」の成果をまとめた冊子が、文部科...  [2020年6月29日up!]
16 ゼミ生スクールライフノートの活用について話し合う・その1(玉置) 記事画像1 【授業と学び研究所】 玉置ゼミでは、今後、スクールライフノートの活用実践を始めます。そのために、以下のように、5期生で活用につ...  [2020年5月31日up!]
15 玉置ゼミ生「心の天気」1ヶ月半の感想 記事画像1 【授業と学び研究所】 玉置ゼミでは、EDUCOMとの共同研究をしています。その一つが「心の天気」の実践です。  以下の資料は、2月中...  [2020年5月25日up!]
14 「心の天気」で心の変化を「見える化」(玉置) 記事画像1 【授業と学び研究所】 小学館月刊誌「総合教育技術2020年6月号」では、「個別最適化」で子どもを伸ばす!という特集が組まれました。...  [2020年5月21日up!]



 
   

活用事例をもっと見る







 

校務支援システムとも連携


EDUCOMマネージャーC4thを見る

キャリアパスポートとしての活用も


 


予測できない未来を生き抜く子どもたちを育てる

製品カタログを見る     資料を請求する